メンタルファーム

山口県から敏感すぎる男が好き勝手かたる雑記ブログ

あれ?俺って会社員に向いてるんじゃね?

f:id:tenagaebimaster:20180526131626j:plain

だよな?

 

あぐりえびです。

 

 

ねぇ、やっぱそうだよな?俺って企業に属すの案外向いてんじゃね。

 

ブロガーのやぎぺーさんが

 jibun-compass.com

↑この記事で「怒り」を感じることには才能が眠っているんだってことを書いてた。

 

これを読んで、自分の「怒る」ポイントを思い返したところ、まさにTHE社畜にぴったりな才能が俺に眠ってるんじゃねぇかと思い始めたの。

 

ということで、これから一つずつ怒りを感じるポイントを掘り下げて納得?してもらいます。みんなも案外会社員向きかもしれないから一緒に確認していこうぜ。

 

 

アドバイスに怒りを感じる

前も言ったけど、それらしいアドバイスをされるのにすごく腹が立つことが多いのよ。といってもそのときは「そうなんですねぇ〜」って流す癖があるけどね。

弱メンタル属性なので言い返せないっ。

 

これってやぎぺーさんの観点で捉えると、アドバイスする才能があるってことになるんだよな。 

 

会社に属してたらさ、誰かに教えたり、助言を良いタイミングでしてあげるの超重要じゃん。

たいていは企業って職種問わずチームでやることも多いし、単独行動だとしても部下とか出来るし。活かせる部分はめっちゃある。

 

まぁでもこれだけじゃまだ「向いてる」と言うには早計か。

だってさ、これだけなら、それこそプロカウンセラーになる方が断然向いてることにならね?

 

でも、俺にはさらにとっておきの才能があるんだよなぁ~。

 

足並みそろえないやつに腹がたつ。

はい。社畜脳全開の思想キターww  もう会社員向きじゃね?って思った第一の理由がこれだよw

 

最近の話でいうと、卓球サークルでうまく相手にあわせて打とうとしない人にいつもイラっとしてる。

 

俺はいつも相手のレベルに合わせてなるべくラリーが続くように気をつけてるんだけど

 

「まだまだだね」とか言いながら「ドライブB!!」とか「ツイストサーブ」並の奇行をしかけてくるやつがいるのさ!

 

まぁ内心苛々しながらも「足並みを揃える才能」を駆使してその場をやりすごしている僕がいるわけだが。え?才能のせいにせず直接本人に言え? もちいや。

 

そういえば学生のころも、授業中いつまでもぺちゃくちゃ喋るやつが許せなくてたまらなかったしな(あれ?でもこれみんなも同じ気持ちなような、、)

 

礼儀知らずも腹がが立つ

そして

インフルエンサーの持論にもたまに苛々するw

つーかこれ酷くね?w 礼儀を重んじる才能があるのはまぁいいとして、インフルエンサーに苛々する俺ってなんかマジしょぼくね?

 

これは単純にインフルエンサーとして持論をバンバンかます才能があるってことにはきっとならんよな。強烈な「足並みそろえる才能」からきてるはず(たぶん)

 

なんか政治家に対して妙にイライラしたりするんだよなぁ。

さらにここでぶっちゃけると、やぎぺーさんの持論にですら

 

「ストレングスファインダーごときで自分なんかわかるわけねぇっぺ ぺぺっ」

 

と思っていた時期が僕にもありました。(アンチじゃないからっw予防線)

 

 

しかしこのままだとツイッターでつねに政治家批判してるおじさんとか、居酒屋で若者に見境いなく説教かますのが趣味なおっさんになりそうで怖い。

 

正直それは嫌だ。割とマジで絶対に。

 

そもそも

「向いている」にこだわる僕ってちょっとズレてるよな。自分の決断を投げ出してるわ。

 

ふと誰かの言葉を思い出したけど「仕事って複合的なものだから、すぐ向いてる向いてないで語れない」とか言ってたような。

 
結局俺は何がしたいんだ?何が嫌いなんだ、、、?

 

うーん、、、うぅぅぅウぅん。

 

「何が嫌いかより何が好きかで自分を語れよ!!」

 

ルフィが急に頭のなかで叫んできたうぜぇ、、。

 

あーーーーーーーー どうしよーーーーー。

 

あっ。

 

そうだ、バイト始めてみよう! そしたら俺の仮説?検証できるやん! そこそこ病気もマシになってきたような気がするし。

これまた良い発想だわ自画自賛うぇーい! ブログってすごいね。ただの考えから行動にまで昇華されてくぜ!  

まぁまだ履歴書すら書いてないけどな。書くよ、書きます。あぁ~めんどくせ、、、。やっぱやめ 、、、おっと。

 

 

とにかくだ。やぎぺーさんの記事は秀逸で最高~!!みんな読んで自己分析してみてちょっ!(媚び。でもほんと役だったw)

 

それではっ。