メンタルファーム

山口県から敏感すぎる男が好き勝手かたる雑記ブログ

誰かを気にして「良い人」を演じることがやめられないって話

f:id:tenagaebimaster:20180525162505p:plain

あぐりえびです。

やめられない止まらない。

 

かぁ~っぱ海老せん。  ふふっ。

 

 

 

ごめんそうじゃなくて。

僕は昔から、何に対しても、誰に向かっても「良い子」を演じることをやめられないんです。ちなみに冒頭の寒い入り(カ〇ビーすまそ)は良い子を脱するために書いてみただけ。

 

 最近は辛みが増して、ブログを書くこと自体に「演じる」が移り疲弊してきた。疲れない記事って何かなぁと思ったらこの内容しかないわと思い、したためているとこ。

 

どうしてこんなに優等生で真面目ちゃんを演じちゃうかも今だわからない。幼少期から30歳の現在にいたるまで5人のカウンセラーと話してきたが、それでも答えの片鱗すらみえない。

 

いやまぁ、それで自分が疲れなかったらそこまで悩むこともないんだよ。でもやっぱり普段の生活で超きつい。

自己啓発や偉人の言葉を読んでわかったつもりになるのすら疲れたので、今回は過去の「良い子」ちゃん自分を回想してみるとする。あ、分析はあんましない。だるいし(ゴミ)。それで自分が少しでも楽になれればいいかなぁ、とw。そして共感してくれる人もいたら嬉しみ。

 

幼稚園の頃から演じていた

思い返すと、僕は幼稚園の頃から「真面目」くんだった。先生に怒られないためなのか、その時自覚はなかったけど、明らかに演者だったとは確か。

f:id:tenagaebimaster:20180525153959p:plain←こんな感じとは程遠いw

 もちろん好きで演じてるわけじゃないから毎日が辛い。

幼稚園に入って数カ月くらいの時からそんな感情が出たのかもしれない。

というのも、当時「教室でうんこを漏らし盛大にぶちまける」という失態をかましたことがある。そのさいの気持ちが明らかに「生きづらい」考え方だったと思い起されるんだよ。

なんでうんこを漏らしたかというと、幼少期で単にうんコントロール出来ないというアレじゃなく、皆にトイレしているのをバレるのが恥ずかしすぎて我慢してしまっていた。

↓ちなみに中学時代の糞パラダイス事件はコチラ

 中学でうんこを漏らしたあげく便器に手を突っ込んだ話 - メンタルファーム

 

やっぱりみんなも4、5歳から大便をするのって恥ずかしかったもんなのかな。僕は幼年期から毎日のように「ぁ~お腹ゆるい、でもトイレいけない辛い」と思ってきた。

そういえば、うんこ漏らし事件が起きたあと親が心配して次の日病院へ。

f:id:tenagaebimaster:20180525181413p:plain

その時ぼくは「あぁ~ほんとは体調なんか悪くないのに病院行って休んじゃった。でも幼稚園いかなくていいからホッとした

と感じたことを鮮明に覚えている。

4歳でこんなふうに考えたら、ふつーに毎日がつらくね? 

んで、5歳の年長に上がるタイミングでは、「あぁ~もうしっかりしないといけないな。あれもこれも出来なきゃ。

と思ってた。

なんで俺って自由度の高い幼稚園ですらこんなガチガチで生きづらい考えしてたんだろう。そりゃそのときその都度が初体験すぎて自由だとか比べれないからわからないものだけども。

 

もっと自分をさらけだしてもよかったような気がしてならないんだよな、、。

いや、今それが出来てればなんの問題もないのだけど、相変わらずなんだよなぁ。

 

小学生低学年で完璧なロボットと化す

前述したように幼稚園の頃はうんこ我慢プレイをして辛い毎日を過ごす。そのときから、先生に言われたことは100%こなすようになってた。

そして小学校に上がるとその完璧さに拍車がかかる。

入学時には

学校に通い始めたら、もう休めない。風邪ひいても休んじゃいけないんだ

と思い込む。

ナニコレ既に社畜脳やんけ。

 f:id:tenagaebimaster:20180525154447p:plain

んで、授業が始まると、その都度、超完璧な自分を演じ取り組む毎日(自覚はないけど)。

そんな「意識高い系」な僕に対し、先生はめちゃくちゃ良い評価をしてくれたのである。背筋の伸ばし方から、字の書き方、作文、絵画など、、、。事あるごとにみんなの前に出され模範生にされるという始末。

 

それ自体は結構気持ち良いことだったんだけど、周りから真面目くんのレッテルが貼られたのがまずかった。その期待に応えようと余計に頑張ろうとしてしまったのだ。

 

はっきり言って学校でそんなガチガチの真面目ロボを演じて心と身体が持つわけもない。反動は家に帰ってからおきた。

まるで人が変わったように自宅では暴れていた。いや、これが本当の自分か。まさに内弁慶ってやつ。物は散らかし放題ちょっとでも気に入らないことがあれば泣く。

冗談抜きで2日に一回は必ず泣いていた。お盆、クリスマス正月とかのイベントでも関係ねぇとばかりに。

この暴虐っぷり、アベンジャーズのハルクっぽいかも。

 

そう思うとなんか当時の俺カッコぇええええ!! 

    

わけない。

 

そして幼稚園から続く「腹が超ゆるい」は健在で、毎日のように迫りくるうんこを我慢するプレイは相変わらず学校で続けていた。まぁ毎回やりすごせるはずもなく、年数回は学校の帰りに漏らしてたんだけどね。

 

気付いたら休み時間に遊ぶことすらせず一人いつも机に座ることが多くなり、、。お腹ゆるくなるから不用意に動きたくなかったし。そもそも遊びたいと思う友達がいなかったような、、w

 

そんなこんな、つねに全力少年、否、戸愚呂120%並に限界突破してたわけ。

その反動はすさまじく、パリーンって筋肉鎧はじけ小3から不登校になるわけど、ここから先はまたどこかで語ることとする。

唐突だが現在

幼少期の一部を語っていきましたが、現在に話を戻ろう。

じゃあ今はどうなんだって?

それが冒頭でも言ったように、やはり真面目や良い子ちゃんを演じちゃう。

 

意図的に演じているというか、後から思い返したら無理してたなぁって感じ。

そして相手に対して妙に怒りを感じるというセット。

この怒りが非常にやっかいなんですわ。

例えばカウンセラーと話してて

「一歩一歩トライしないと疲れちゃうよ」って軽い助言が出たら

僕「そうですよね~。一つずつクリアします~(二コリ)」

っていかにも役に立った感じで返す。

 

けれど家に帰って思い出すと

「おめぇの助言はもう本に出てる。いつから俺が無知だと錯覚していた、、!?」

とか怒りが湧いてくるわけよ!

 f:id:tenagaebimaster:20180525164610j:plain

冷静にみたらこれただの腹黒じゃん!俺ってこんな性格うんkだったのかよぉぉぉ、、。

 

とにかくこのダークストマック状態がサラリーマン生活になると膨大に出てくるのよね。まぁ今は無職ひきこもり状態だからいいんだが。

 

少しでもこの生きづらさをなくしたい、、、。どうしたらいいんだろう。うぅ~んそもそもなんでどうしてこうなった。なんでだろう~なんでだろう~なななん(古い)

 

そうだ!

この「とりつくろい、のち怒る」心情を今度カウンセラーに話せばいいんだわ。

いやぁ~この発想は今までなかった。次の通院カウンセリングで勇気を出して話してみたことをまた記事にする(かも)のでこうご期待!

 

ただこうやって本音を話そうって思った瞬間、すぐに相手が返す言葉を予想しちゃうんだよな。

どうせ抽象的な返しをするんだろうなぁ~ とか。

また本に載ってる言葉が出てくるのかねぇ とかとか。

 

 

だからいっそこの予想力を利用してだよ。

もし僕の本音に

「そう感じること自体は人間としてよくある。あるあるだよぉ。」とか言ってきた日にゃぁ、

 f:id:tenagaebimaster:20180525170610p:plain

「俺は怒ったぞ、、、怒ったぞカウンセラーぁぁぁあああ!!」

 

って言い返してやるぜ!!

 

 

 

 

家に帰ったあと、心の中でね。うん。

 

 

 

それではっ。