メンタルファーム

山口県から敏感すぎる男が好き勝手かたる雑記ブログ

まだ持ってなかった!?家庭菜園にお勧めの本3選

f:id:tenagaebimaster:20180307175530j:plain

あぐりえびです。

 

 まだ持ってないの? といきなり煽ってすみません、、。(謝るなら言うな)

 家庭菜園を今からしよぉーぜぇ!って思ってる方にぜひ読んでほしい本があるのでちょっと調子こいたタイトルにしちゃいました。

 本屋に行くといろいろと家庭菜園系の本は置いてあります。

雑誌から図鑑っぽいものまで本当に多種多様ですよね。

 そんな中から選ぶのに無駄な出費は抑えたいはず。

なので今回はこれ!っていう家庭菜園本を紹介していきたいと思います 

 カラー版 家庭菜園大百科です。

実はもうこれだけ買えば、他の本は買わなくていいです。マジで。

 

 「は?じゃあ残り2選はなんだよコラ」

という声が聞こえてきますが、、大丈夫です、、w後で説明しますから、許して、、

 この本は、いわゆる図鑑レベルの分厚さです。

重さはありますが、野菜の育て方のすべてを網羅してます。

しかもカラー図解で手取り足取り丁寧に描かれている。

説明は極めてオーソドックスで肥料や堆肥のやり方に偏りはありません。つまり失敗はないってこと!

家庭菜園系で他に似たような網羅本はありません。

中途半端な栽培本を買うくらいなら、これを買っとけば、絶対に栽培で失敗はないです。

ネックとなるのは持ち運びができないことくらいですが、そもそも本片手に作業することはないので問題なしです。

後ちょっと高価なとこかな、、。でもしょーもない本を二冊買うよりも全然マシなはず!

おススメ!

 続いては、図解家庭菜園ビックリ教室です。

これを読むと本当に驚きますよ。既存のやり方とは一線を画す栽培方法が書いてあります。

 

基本的に一発施肥、鶏糞を肥料の主体にするなど、楽でリーズナブルなのに収量がグンと上がる方法が目白押しです。

しかも半不耕起まで押してます。本当にこんなやり方で出来るの?と思われるかも。

 でも実際僕も試してみたところ、本当に良く育ったんです。(じゃが芋で試した)

やり方が少し一般的ではないので、初めてやる人より中級者向けの本です。

まずは初めに紹介した家庭菜園大百科を買って、慣れてきたらこれも買ってみるのがいいでしょう。

出版日をみてわかるように、20年以上前ですが、今も語り継がれる名著です。

  そして最後が野菜の植えつけと種まきの裏技です。

まさに家庭菜園の裏技がてんこ盛りの本。

オクラを4本同時に植えることで収量を上げる方法であったり、ジャガイモのマルチ栽培など、ユニークなやり方がのってます。

 家庭菜園に慣れてきたけど、なんか物足りない、ちょっと工夫して育ちを良くしたいと思ってる方にうってつけ!

 この本は栽培のメインというより副読本として忍ばせておくと便利ですよ。

職人の長年の知恵みたいな感覚を得れると思っていただければしっくりくるかも。

 以上!あぐりえびおすすめの家庭菜園本でした。

全て実体験を元にプッシュしてるので間違いはねぇとおもっとる次第ですたい!

 

それではっ