メンタルファーム

山口県から納得できる生き方を追求していく雑記ブログ

「良い精神科医を探したい」と願う貴方に必要な4つの視点

f:id:tenagaebimaster:20180304135146p:plain

あぐりえびです。

 

いきなりですが、精神科医ってなかなかまともな人いないですよね。

 

「は?急に医者批判とかなんなのこいつ」

 

とか聞こえてきそうですがw  実際に通院した方ならわかってもらえるはず。

 

僕は仕事のストレスで5年くらい前に精神疾患にかかったんですが、本当に、

 

本当にふぁあぁぁっつくユー!!

な医者にめぐり合わせてきたので、これを機会に同じ苦しみを抱えている人に良い医者選びのコツを伝えたいと思います。

 

まずはこんな医者に出くわしたらすぐ転院しろっていう例を紹介していきます!!

 

目を合わせずパソコンに向かいながら話す

 

カタカタ、、、カタカタ、、カチっ 

 

駄目医者「ふむ そうですね カタカタ カチカチ では薬飲みますか?カチ」

 

もはや説明せずともお分かりだと思いますが、こうやってつねにパソコンに注視して話す医者はアウト!!

 

僕は6病院回りましたが、そのうち2箇所はこのタイプでした。

 

こういうお医者さんはまず患者と対話することを放棄してます。

ふつーに考えて、PCより今は俺の容態を診るほうが100倍重要だろぉぉぉ。

データ観たり打ち込みたいのはわかるけどそれは後にしろやぁぁあふぁああああっく

 

 

患者に決定を丸投げする

これも結構というか多いです。

 

例えば初診で「次の診療はいつにしますか?」とか「この薬を飲みますか?」

 

ロボットみたいな選択を投げてくるヤブ医者はだめぇぇぇ!!

 

こういう医者は勘違いしてんすよ。インフォームドコンセントを。しっかり説明して患者さんに選択させる権利をもたせる。最終的に決定権をもたせて自立を促す。

 

みたいな名目の元に、ただ責任を負いたくないだけなんだよ実は

 

確かに患者が決定していくことは大事なんだけど、そこまでの過程が大事だよ。

いきなりぶしつけに丸投げするんじゃなくて

「とりあえず最初なんで様子見二週間後にしときましょうか。」とか

「ある程度効くには時間かかるからね。ちょっとずつ試していきましょう」

 

とか対話の中で決定権をこちらに持たせてくれる方が良いお医者さんです。

てかこれって仕事に関わらず恋愛とかでも当たり前のことだよな、、!まぁ俺は出来てないから8年くらい彼女いないけどね。

 

え?そこいらなかった? わかった、うん、、、。

 

哲学を押し付ける

もう段々駄目な精神科医=モテないみたいな式になってきましたな。

 

前述したように対話をしない医者は、僕達患者の不安に対して、急に持論を語り出したりするんですよ。

 

僕「ストレスで身体が痛むんです。仕事で疲れてて、、」

 

医者「君はただ自信がないだけなんだよ。」

 

僕「」  医者「自分で乗り越えるしかないんだよ!」 僕「」(わかってるわ!)

 

意見や考えを言うの当たり前だしいいんだけど、もし毎回自分のことを決めつけられたり長々と持論を語られたら注意。診断後、どっと疲れるようだったらすぐ転身した方がいいと思います。

 

良い精神科医は患者と対等に向き合う

ここまでダメンズ精神科医をお伝えしてきました。

 

では良い精神科医とはどんな方なんでしょうか。きっと最初から読んでくれた貴方ならもうお気づきのはず。

 

・目をしっかりと合わせて話してくれる。

・ロボットのような定型文質問はせず、対話で意見を引き出してくれる

・時間を守らない

・薬や次の予約日をリードしてくれる。

・薬の切り替えが早い。

 

これらのことがクリア出来て、初めて良い精神科医です。ここからさらに薬の加減の仕方など職人的な技術要素も絡んできます。こればっかりは中々判断しづらいのですが、薬の切り替えが早かったり、量を暫時調整する方は上手いように思います。

 

項目の中で「時間を守らない」に、ん?と思った方はいませんか。

 

毎回問診が遅れるとかルーズな駄目医者やんけ!

 

とか思われるかもしれませんが、違うのです!

 

良い精神科医は患者に誠心誠意、対等に向き合います。

つまり、仕事をこなさないんです。一回一回命をかけてるんです。

だから、時間を守ることよりも向き合う時間を大切にする。

 

だから、もし毎回病院で待たされることがあっても、そこだけで駄目だと判断はしないようにしてください。

 

きっと熱意を持って取り組まれてるお医者さんが多いはずです。

 

 

さて、ここまで良い精神科医の選び方を述べてきました。

 

現在精神疾患で苦しんでいる方、今はそうでない方も、この記事のことを頭の片隅にでも置いてもらえれば、きっと良い精神科医に巡り合えると思います。

 

貴方がゆっくりと休め元気になれるのを願ってます。

 

それではっ。