メンタルファーム

山口県から敏感すぎる男が好き勝手かたる雑記ブログ

新規就農の厳しい現実をRPGゲームに例えてみた。

f:id:tenagaebimaster:20180218000621j:plain

あぐりえびです。

皆さんは新規就農って何かとハードル高いイメージないですか?

補助金をもらいながら研修、そして農地取得。

自営でやるとなるとすべて自己責任で栽培していくことになります。

一人でやることの多さから新規就農は厳しい、難しいと昔から言われ続けているのでしょう。

 しかし具体的にやり始めてからのことってあんまりイメージできないと思うんです。

 なので

 新規就農をRPGゲームに例えてみました。

 

 

新規就農は糞強いラスダンにいくようなもの

普通ドラクエとかのRPGって初めのダンジョンはみやすいと思うんですよ。

草原もスライムがちょこちょこ出てくるだけでしょ?

でも新規就農は、いきなりレベル1の状態でラストダンジョンに突入した状態から始まります。

 なぜなら農地取得(購入)は50Rの広さ(地域により30R)からと農地法で決まっているからです。

まだ装備も何もない、回復アイテムもろくにない状態で挑もうものなら、間違いなく即死でしょう。

なので一般的には、装備などアイテムを集めた状態、かつレベル10くらいに挙げた状態でラスボス(農地50R)に挑める方法があります。

 レべル1の貴方がラスボスに挑む方法

f:id:tenagaebimaster:20180218000559j:plain

著作者:AzurBlueDragon

それはなにかというと、、

新規就農者が国から支給される給付金です。

準備期間2年と経営開始の5年間、収益に応じて毎年最高150万も出ます。

準備期間中は農大や農家さんで研修して武器や防具(農薬とか機械)の使い方を学べます。

 そして150万で強そうな武器防具を手に入れて、いざラスボスへ!

それでもレベル10、、、。

どっちにしろラスボスであることに変わりはない

そりゃしんどいですわ。

いきなり襲い掛かる無数の虫を倒していけますか?だだっ広いダンジョンで突然襲ってくるんですよ。レベル10の状態の貴方に。

150万あっても回復アイテムや飯も買わなきゃなりませぬ。

 実際のゲームだったらいくら良いアイテムがあっても、やっぱレベル低いと無理ですもんね。

 つまり新規就農者は王様に支給されたそこそこの金で武器防具を買い、糞むずいラスボスダンジョンにて死に物狂いで5年間レベルアップし続けなければならないということ。

5年間で支給が切れるから、その時にレベルアップして販路開拓とか出来てないともうオワコンということになります。いきなりゲームオーバーであります。

 本来はスライムを倒すところから農業を始めれるのが理想でしょう。

 でも現状の制度ではそれは難しいということです。

 だから新規就農される方は糞強い敵が出るダンジョンにいきなり挑むことを覚悟してチャレンジしていってほしいと思います。

 あるいはそれを知り、徐々にレベルアップできる方法を自身で開拓していくか。

 

新規就農者である貴方の健闘を祈っています。

 

それではっ。