メンタルファーム

山口県から敏感すぎる男が好き勝手かたる雑記ブログ

日本農業がオワコンである三つの理由

f:id:tenagaebimaster:20180129225658j:plain

                            著作者Exit Stage Left

皆さん、日本農業についてどんなイメージがありますか?

もしかしたら、お年寄りがやる職業、肉体労働が辛そう、などマイナスに思うことがあるかもしれません。

実際、日本で農業をする人口は年々減っています。

米自体の需要も減っている今、日本の農業はもうオワコンだと言われるようにもなってきています。

そんな日本農業が未来を感じられなくなった原因を、大きく三つ取り上げていきます。

 

 

①農協が利益を吸い上げている。

f:id:tenagaebimaster:20180129230707j:plain

                                著作者xn3ctz

はい。皆さんご存知の農協が一つの原因です。

本来農協は、作った野菜を出荷することで、販売の手間を省き、農業者を助けることを目的としていました。

 しかし、現状では農協市場が絡むことで、農業者は販売ルートを拡大しづらく、自分で値段をつけることすらできなくなります。

農業者は安く農協に売り、農協が利益を取り、また販売するという流れになってしまいます。

 これは野菜に限らず、農業者が買う肥料も同じことが言えます。

農協で買う肥料は、在庫がなく送料も込みになると直販受け取りの4倍以上するものも、実際にあります。

 使う資材からも農協が利益を吸い上げることになり、農業者は損するばかりです。

昔はネットも普及せず、確かに農協も便利であったのでしょうが、今となっては自身で調べ資材購入した方が、安く済むケースも多々あるのです。

 

②地域の繋がりが新しいやり方を阻む。

f:id:tenagaebimaster:20180118233920j:plain

村八分、という言葉はまさに田舎から出来た言葉です。

農業者はもちろんその村の中で暮らすことが圧倒的に多いです。

農業=地域の繋がりといっても過言ではありません。

その中では調和が一番とされ、新しいやり方は基本的に否定されます。

有機栽培をしようものなら、「虫が出て迷惑だ」「やれ若いやつが好き勝手やって」と批判をくらうことも普通にあるようです。

そんな中で大勢の若者が農業をやりたいと思うでしょうか?

そして競争は生まれますか?

迎合し、そこで定収入のまま暮らすことは出来ても、金銭的に潤うことは難しいでしょう。

かといって自分を貫くと、四面楚歌の毎日を送ることにもなりかねません。

 

③農地獲得が大規模からしかできない。

f:id:tenagaebimaster:20180129231831j:plain

そして、一番のオワコン理由がこれです。

農地獲得が面倒すぎなんです。

農地を獲得するためには、農業委員会にゴーサインをもらわなければなりません。

勝手に個人間で貸し借り、売り買いできないようになっています。

さらに、農業委員会の役員はその地域で農業をしている人です。

先ほど述べたように、ここでも地域しがらみがあります。

この時点で既に調和を取ることを強いられているといっても過言ではないでしょう。

 

そして、農地取得面積は農地法で50R以上(農業委員会ごとに若干の差あり)からと基本的にされています。

なんでこんな大規模からなんでしょうか?これが一番の問題です。

 普通、起業しようとする場合いきなり大きくやることもありますが、初めは趣味から、低リスクで少しづつやろう、という考えの方もいると思います。

 しかし農業では新規にそれが許されない。

しかもそこの地域のやり方に沿わないと、一気に敵を作り、やりにくくなるという最悪のセットです。

 こんなガチガチに固められたレールで起業したいなんて思います?

 少なくとも僕は思いません。

なぜならただでさえ所得の低い業界なのに、これに沿うことで人生永劫的に辛い経営を強いられることになるのですから。 

それでも日本農業にも未来はある

以上、日本農業がオワコンな理由を3つ挙げていきました。

 

オワコンではありますが、これらのことを踏まえれば活路は必ず見出せます。

 

今はネット販売も簡単に出来る時代です。農協と一切取引をせず、直売所を自分で設けて稼いでいる農家さんもいます。

 

農地は大規模からしか取得できません。

しかしマーケティング調査をし、ハイリスクハイリターンの仕組みをハウス栽培で実現されている農家さんもこの目で実際に見ました。

 

そしてビジネスとは人抜きには語れません。成功している農家さんは独自の販路を築きながらもうまく農村に溶け込むやり方をしているようです。

 

皆さんもこの記事を機会に、より未来ある農業についてを考えてみてください。

考え行動する人が増えるほど、オワコンから新たに始まる農業に変遷していくはずです。

 

それではっ。