メンタルファーム

山口県から敏感すぎる男が好き勝手かたる雑記ブログ

【家庭菜園】実は未熟堆肥は良品質だった!?

f:id:tenagaebimaster:20180206200431j:plain

今回は未熟堆肥について語っていきます。

上記の画像はイチョウ落ち葉の堆肥です。中熟堆肥前くらいの状態ですね。

よく堆肥に関する本を読むと、中熟とか完熟とか出てきますよね。

未熟堆肥とは、そもそもなんなんでしょうか。

 

未熟堆肥といっても種類はさまざま

未熟堆肥は、未発酵の堆肥です。

 畜糞や植物残渣の落ち葉なども新鮮有機物(未発酵の堆肥)になります。

それを発酵させ、十分に分解させ、腐植状態にしたものを堆肥としています。

これを完熟堆肥、と呼びます。

何をもって完熟とするか?ですが

発酵温度が上がらない。植物残渣の芯まで黒く(腐植に)なっている。

など、さまざまな確認方法があります。

 これらがクリアが出来ていない堆肥は、そのまま用いると発芽、生育阻害を与える可能性があります。

 詳しく語ると、未熟だと、まだ菌が発酵している最中なので、酸素を菌が奪い酸素不足になりやすいこと、窒素飢餓になりやすいこと、生育害となるアンモニアが出ること。

 などが挙げられます。

 なので完熟堆肥が安全で良いとされているのです。

 しかしあぐりえびはこの意見を否定します。

確かに可能性としては上記の危険はあります。しかし、すべて対処できる問題なのです。

 未熟堆肥でも問題ないものもある

まず、酸素を菌が奪うという点については、発酵の最初段階だけ爆発的に起きるだけです。よって中熟前(一回高温化した状態)の堆肥なら問題ない。

 

そして窒素飢餓についても同じことが言えます。

厳密には窒素飢餓が起きた後、ゆるやかに窒素は奪い続けるので、堆肥中は窒素が不足しやすいですが、ならば窒素肥料を補充してあげればいいだけの話です。

この際、よっぽど大量に施肥しない限りは酸素不足も起きません。

あまりやりすぎると、余剰な窒素をアンモニアとして菌が放出する可能性もありますが、そもそもアンモニアも植物は利用できるので問題ないです。

 以上から、未熟堆肥でも、一度高温化したものなら、案外大丈夫なのです。

というか、むしろメリットが大きい。

 なぜなら、発酵する過程で菌が余剰窒素を放出するので、それがそのまま植物の養分になること。発酵前なので、雨に残渣自体が持つミネラルが豊富なこと。

などなど言えばキリがないほどお得です。

 

未熟堆肥でOKなのは植物残渣由来のもの

ここで注意点を言っときましょう。

堆肥といってもさまざま。あぐりえびがお勧めする未熟堆肥は、腐葉土やバーク堆肥といった植物残渣主体の堆肥です

 牛糞は、元々塩類濃度が高いので完熟だろうが過剰施肥をすると生育障害を与えますが、未熟だとそれ+害が出て良くないです。

 鶏糞は肥料的に使うなら問題ないでしょうが、未熟だとただの糞なので衛生上良くないでしょう。臭さも半端ないでしょうし。

 

腐葉土とバーク堆肥なら、未熟でも問題ないとあぐりえびは考えます。

 

懸念があるとすれば、バークに含まれる選定枝はフェノールが多いので、発芽阻害はするかもしれません。

しかし、それを補ってメリットが大きい。落ち葉に関しては高温化せずとも、そのまますきこんでも問題ありません。

選定枝チップも少量なら問題なし。多量の場合は山積みして一度高温発酵させれば良いでしょう。

 これまで未熟堆肥の有効性について述べていきましたが、おそらく納得いかない方もおられるはず。

「なにいってんだこいつ」  「あぐりえびふざけんな」

 批判の声が怖い、、、w

 ということで、実際に未熟堆肥を使って栽培実験をしたいと思います!

別記事で紹介いたしますのでお楽しみに。

 

それではっ

 追記↓

未熟堆肥は害があるって本当?試してわかった有効性